ardor

私たちの思い

「Conoe」(コノエ)を立ち上げる原動力

「きっかけは、子育て真っ最中の、
社員のひと言でした」

「きっかけは、子育て真っ最中の、社員のひと言でした」

コノエを立ち上げたきっかけ

コノエを立ち上げたきっかけは、私たちの社是やビジョンにもなっている「チャレンジ精神を持ち続け、人と人との結びつきを大切にして、 より多くの人々が感動を共有できる社会を実現します。」という意思に沿った新たな事業を生み出すための意見交換会でした。

社員の一人が「子どもの作品が溜まっているけど保管に限界があり、仕方なく作品を処分して残念だった。 子どもの絵を綺麗な状態で保管できるサービスがあったらいいのに」という思いに、子育て世代の他の社員も共感したことから始まりました。


子ども達が持ち帰った作品をしまいこんで見なくなってしまうことや、捨てなければいけない寂しさや罪悪感を解消したい、 子どもが一生懸命描いた作品を、もっと楽しみたいなという思いから、コノエの立ち上げに向けて約1年半の試行錯誤が始まりました。

子どもの作品の創作は、いつまでも続くものではありません。 子どもならではの想像力や、毎日全力で遊び、楽しみ、挑戦する姿を見守ることができるのも、きっとあっという間に過ぎていく一瞬の時間ではないでしょうか。

この大切でいとおしい時間を、次の世代へも残せる形で記録しながら、日々成長する子どもの可能性を少しでも応援したり、一緒に楽しめたらと私たちは考えました。 その思いがコノエの立ち上げを支えています。

conoeのオンラインショップへ行こう